Saturday, February 23, 2013

houdini



Playbar variables
$FPS
秒あたりのフレーム数で再生速度(再生バーコントロールで設定)。
$FSTART
アニメーションの最初のフレームのフレーム番号(再生バーコントロールで設定)。 $NFRAMES(アニメーションのフレーム数)= $FEND - $FSTART+ 1。以下$RFSTARTも参照してください。
$FEND
アニメーションの最後のフレームのフレーム番号(再生バーコントロールで設定)。 $RFENDも参照してください。
$F
現在のフレーム(として再生バーコントロールで設定)。これは特に、レンダリング画像のファイル名の番号は、非常に便利な変数です。
$FF
浮動小数点のフレーム番号。
$NFRAMES
アニメーションのフレーム数。 $NFRAMES=$FEND(アニメーションの最後のフレーム) - $FSTART(アニメーションの最初のフレーム)+ 1
$RFSTART
再生バーに示されている最初のフレームのフレーム番号。再生バーは、長いアニメーションの特定のセクションに焦点を当てることができ、フレームの合計数のサブセットを表示することができます。 $ RFSTART$ RFENDは、再生バーに示すように、フレームのサブセットを制御します。
$RFEND
再生バーに示された最後のフレームのフレーム番号。
$T
秒単位で現在の時刻。 $FPS /$F-1)に等しい
$TLENGTH
秒単位のアニメーションの長さの合計。
$TSTART
秒単位でアニメーションの開始時刻。
$TEND
秒単位でアニメーションの時間を終了します。









Global Variables
$ACTIVETAKE
現在のテイクの名前。
$E
数学定数e2.71828...
$HFS
Houdiniがインストールされているディレクトリ。
$HH
$HFS/houdini.
$HIP
ジョブディレクトリにあります。あなたがHoudiniを起動したディレクトリにデフォルト設定されます。あなたがTextportを介して設定することができます。
$HIPNAME
現在の.hipファイルの名前。
$HOME
Your home directory.
$JOB
Jobが配置されている場所を決定するカスタム変数です。
$PI
数学定数π3.1415926...)。円弧の長さを計算するために使用することができます。 2 * $PI * rは(円の半径)の円周に等しい。また、π= 180?ラジアンで表されます。
$WEDGE
Wedge ROPを使用する場合は、wedge 名。


















Channel Variables
$OS
Operator String. Contains the current OPfs name.
演算子文字列。現在のOPfs名。
$CH
現在のチャネル名。
$IV
値(セグメントの開始時の値)。
$OV
Out value.
$IM
In slope
$OM
Out slope
$IA
In acceleration
$OA
Out acceleration
$LT
ローカルタイム - ストレッチ、オフセットを含まない。
$IT
セグメントの開始時刻
$OT
セグメントの終了時刻
$LIT
セグメントのローカル開始時間
$LOT
セグメントのローカル終了時間
$PREV_IT
前のセグメントの開始時刻
$NEXT_OT
次のセグメントの終了時刻









COP-specific variables
$CSTART
カレントのCOPのスタートフレーム。
$CEND
カレントのCOPのエンドフレーム。
$CFRAMES
カレントのCOPのフレームの数。
$CFRAMES_IN
最初の入力COPから利用可能なフレームの数。
$CINC
グローバルフレームのインクリメント値を取得します。
$W
Current image width.
$H
Current image height
Output Driver Specific Variables
$N
Current frame being rendered.
レンダリングされるカレントフレーム
$NRENDER
レンダリングされるフレームの数。

No comments:

Post a Comment